ホームへ会社概要へ事業内容へ製品情報へ研究開発お問い合わせ
研究開発

研究開発の基本姿勢

 

21世紀の予防医学 ー健康を食の面から提案します。ー

我が国は医学・医療の目覚ましい進歩により世界一の長寿国となりました。しかしその反面、急速な高齢化社会の到来、生活習慣病の急増により、私たち一人一人が病気にならない努力、自らの健康を守る努力をする予防医学の重要性がさけばれるようになりました。
私たちは科学的データに基づいた機能性食品素材・商品の開発を通じ健康を食の面から提案します。

●食理学の研究成果を食品開発に活用する食理学(Bromacology)とは

食品成分と私たちの体を構成する60兆個の細胞との相互作用を研究する学問分野

矢ケ崎博士が提唱
東京農工大学:大学院共生科学技術研究部:栄養生理化学研究室

● 私たちは消費者の目線で商品を開発します。

1.生活習慣病の発生ステップとこれからの健康維持

2.健康維持の基本となる細胞とSOD、細胞とBRMとのかかわり合いに重点をおいた食品開発

3.放射線の体内被ばくを含めて体内異物の除染食品の開発

主な機能性素材抗酸化素材ページBRM乳酸菌素材ページ糖鎖素材ページ抗アレルギー素材BG乳酸菌nECマークについてバイオジェニックス連絡協議会

 

ページトップへ

ホーム会社概要事業内容製品情報研究開発お問い合わせ

Copyright (C) 2011 Broma Institute Co., Ltd. All Rights Reserved.